〒591-8023 大阪府堺市北区中百舌鳥町5-723大西ビル3階
(地下鉄御堂筋線 なかもず駅5番出口から徒歩1分)

営業時間
10:00~22:00
 定休日  
水曜日、日曜日

  お気軽にお問合せください  

072-250-5577

お酒について

ボディメイクをするうえでお酒はあまり飲まない方がいいというのはよく聞く話だと思いますが、何がどう影響するのかをあまりよく知らないというかたも多いかと思います。

なのでこのページではボディメイクに関わる、お酒の影響について簡単に書いていきます。

①肝臓に負担がかかる

肝臓にはトレーニングをした後などに筋肉の修復の手助けを行うという役割があるのですがアルコールを分解するという役割もあります。なのでトレーニング後などにお酒を飲んでしまうと肝臓にすごく負担がかかってしまい筋肉をつけるのにもかなり効率が悪くなってしまいます。

 

②コルチゾールが増える

アルコールをたくさん摂るとコルチゾールというホルモンがたくさん分泌されます。
このコルチゾールというホルモンは筋肉(タンパク質)を分解して、糖を作る働きがあります。
またコルチゾールはストレスがたまっているときや空腹時などにも分泌されます。

 

③テストステロンの抑制

筋肉づくりにとても重要なホルモンであるテストステロン(男性ホルモン)。
このホルモンはタンパク質の合成を促進し、筋肉の成長を促す効果があるのですがアルコールを摂ることによってこのホルモンの分泌を抑制させてしまいます。なのでこちらも上記にあげたものと同じでボディメイクにおいてかなり効率を悪くしてしまいます。

ボディメイクにとってお酒は極力飲まないほうがいいのですが仕事の付き合いなどでどうしてもというときもでてくると思います。そういった場合、醸造酒よりも蒸留酒に。
飲んだ後にはアルコール分解に必要な糖(何か柑橘系のフルーツ)と水をしっかり摂取しましょう。

お問い合わせはこちら

24時間WEB予約はこちらから
RESERVA予約システムから予約する

お電話でのお問合せはこちら

072-250-5577
営業時間
10:00~22:00
定休日
水曜日、日曜日